FC2ブログ
 

ゆうまりニットカフェ神戸     ~ 編み物教室~

アメリカ式とフランス式

このタイトルを見て、編み物をしたことがない人は

ん?何が?どういうこと?。。となりますが

棒針編みをされる方にとっては、

一大関心事ということにもなります

これは編むときに、編みこもうとする毛糸を

どちらの手に持つ(かける)かの違いなのですが

どちらが正しいとかいうわけではなく

ざっくり言えばどっちでも編みやすいほうがいい

とも言えるのですが

始めて編み物をしたときに教えてもらったり

自分で理解した時のやり方で手が覚えてしまう。。

というのが多いパターンだと思います

ある意味、手が覚えてしまったら

途中で持ち方を換えるというのは

案外、至難の業となるわけで。。。

そういう意味でも最初に覚える時が肝心なのかもしれませんね

私は母から子供の時に右手に糸をかける

アメリカ式で教えてもらったため

いくら練習しても、左にかけるフランス式は

綺麗に目が揃わなかったり、時間がかかったりで

ストレスがかかってしまい、編み物を楽しめないことになってしまいます

でもなぜか最近のYouTubeとかの動画は

フランス式のほうが多いんですよね~

(ヴォーグさんがフランス編みを推奨されているという

経緯もあるかもですね)

そのため、今までアメリカ式で編んでいたのに

私って間違ってるのかしら。。

と、気になさられる方も多くいらっしゃいます

アメリカ式の動画ももっとやっておくれ~と

私的には声を大にして言いたいのですが。。

というのも、初心者さんにはアメリカ式のほうが

取っかかりやすく、編み目も揃いやすいので

作品に満足感を得られますし、

初めから、”編み物は楽しい”!”と思えるんですよね

フランス編みは速く編めるという通説もありますが

右手の指に糸をかけるようにして編むと

アメリカ式のほうが速いんじゃないかなとも思いますし

実際、世界一編むのが速いというHazelさんという

スコットランドさんのニッターさんも

アメリカ式で編んでおられますし、

三國万里子さんや風工房さんの

アメリカ式で編んだ綺麗に揃った編地は素敵ですもんね

欲をいえばどちらのやり方もマスターすれば

編み込み模様の時は

どっちの手にも糸をかけて編めるので

それこそストレスなしで、どんどん編んでいけるという

ことになります

私は自分はアメリカ式ですが

お教えさせていただくときは

もちろんどちらでもお好みの方をお教えさせていただきますし

今までアメリカ式だったので

編み物教室に行って持ち方を治されるとしたら

どうしよう~と不安になっておられる方(案外多いのです)

心配なさらずに!!

とにかく”楽しく編めること”

これが一番大事☆というのが私のモットーです

もっと自由に!

難しいという概念に縛られず楽しんで編み物をすることを

おすすめしたいと思います





春も間近になって、ようやく完成にこぎつけた

スタークロッシェ編みのストライプベレー帽

まだ、寒い日もあるので被れそうかな

DSC_1970[1]


そして、日々カフェさんで

いつも参加してくださるTさんが

スイカのような🍉可愛いポーチを完成されました

ポーチ谷さん


ダルマのiroiroという毛糸3色を使いましたが

他の配色にすると全然違うイメージのものが

できるかもしれません

どなたかチャレンジしてみてくださいね~


さて4/3(火)日々カフェさんでのニットカフェですが

空席わずかとなっております



3/26(月)のニットカフェはまだ余裕がありますので

ゆっくりお教えさせていただけるかと思います

今からでもご予約間に合いますので

よろしくお願いします


ご予約の詳細は”4月ニットカフェ予定”の

ブログ記事に載せておりますのでご覧になってくださいね


ではたくさんの御参加お待ちしております(^^)/



にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する