FC2ブログ
 

ゆうまりニットカフェ神戸     ~ 編み物教室~

始めて編み物をする時の、糸と針の選び方



たまたま本屋さんで立ち読みしてパラパラとめくった

編み物の本や雑貨の本の中に。。

そして雑貨屋さんで見つけた麻の糸で編んだ手作りバッグ。。等々

”これ、もしかして自分でも編めるんじゃない?”

と、思い立ったその時が吉日(笑)

人生初めての編み物。。チャレンジの第一歩は

こういうところから始まるのかもしれませんね



まず初心者さんが”編み物をしてみたい”と思った場合

さて、何から始めたらいいのか。。。

編み物をしたいと思ったはいいけれど

何を用意したらいいのか全然わからない。。

本には書いてあるけれど、

その用語すらはじめて聞くことばっかりで。。。

誰に聞いていいかもわからず

この時点で、”やっぱりや~めた”という方もいらっしゃるのでは?


編み物って意外と初めのハードルが高いんですよね


そういう方のお問い合わせも多く、

私としてはなるべく、編みたい作品に寄り添いながら

簡単な編み図やら毛糸や材料をを紹介していく

というわけですが

やっぱりご自分で毛糸を探したい!

やっぱり好きな毛糸や色を選びたい!もちろんそうですよね

編み物は毛糸選びからまず楽しみは始まっていくと思うので。。


というわけで

手芸店に出向いたり、ネットで検索ということになると思います


そこで、まず手芸店にご相談する場合。。

大体編み図に書いてあるのと同じ毛糸が店にあるという確率は

少ないのではないでしょうか

メーカー全種類を取りそろえるには莫大な敷地がいりますからね(笑)

というわけで、店員さんがその糸に近いものを

選んでくださるということになります

大体、糸の太さや針の号数からの判断となりますので

違う種類のものを2,3点提案されて、

そこから選ぶということになるわけですね

その時に私であれば、値段も安価なものから高いものまで

その方のご要望に沿って、ご紹介するわけですが

初心者さんなら、まずは練習からというのもありますし

挫折してもったいないことになると無駄になってもいけませんので

まずはリーズナブルなものをオススメします

でも、身に着けるものであればアクリル毛糸は

安価ですが、どうしても出来上がりがイマイチ。。。となりかねないので

純毛、もしくはアクリルが少し混ざった純毛がいいですね

初心者さんにいきなり高価な糸をお勧めする店は

どうかな?と思います

そして、編地が良く見えるように薄い色をまずはお勧めします

身に着けることを考えると

どの服装にも合うように“黒がいいわ”と選びたくなりますが

まず自分が今どう編んでるか、編んだら模様はどんな形で出てくるのか。。

それを見分けないとが練習になりません

又段染め(色が混ざっているもの)の糸も

やはり編地が見えにくいのでやめたほうが無難ですね

一つ編み上げて自信が出てからのチャレンジがいいと思います



もし一つを編み上げてから

もっと編んでみたい!となった時には

少し高価な毛糸にぜひチャレンジしてください

高価な糸はやはり編み心地、風合いがいいですので

完成してからも、身に着ける時に断然満足度がちがいます

徐々に編み方も毛糸もレベルアップしていくというのが

大事ではないでしょうか



そして、今の季節

手芸店はほぼ秋冬糸からサマーヤーンへ衣替えします

サマーヤーンは毛糸に比べて細いですので

たとえば5号針で編むと編み図には書いてあっても

秋冬物の毛糸の5号針で編んだものとは

出来上がりのイメージがかなり変わってきます

特にサマーヤーンを棒針で編むと、滑るし編みにくいので

初心者さんにはあまりお勧めできませんね


なので、まずは春夏の季節であったとしても

毛糸で練習してからの始まりがいいと思います

そこでちゃんと自信をつけてからのサマーヤーンがいいかもしれませんね

麻糸やら変わり糸で編みたいと思われても

まずは毛糸で編み方を練習してからチャレンジがいいのではないでしょうか




そして、材料はといいますと

まずは、棒針、かぎ針をその作品に合わせて一つ

買われることから始められたらよいと思います

とじ針やら棒針キャップなど副資材は徐々に

使う時に買い足されたらいいですね

そして、針はいまや100均さんでも多数おいてあって

気軽に買える時代となりましたが

もちろん編めるには編めるのですが

どうしても編み心地、滑りがはっきり言ってよくありません

スタートで”編み物ってあんまりおもしろくない”

となってしまう原因のひとつになりかねません

メーカーの編み針は確かに高いです。。

でも、編み心地、滑りは断然違うと認識しています

使えば使うほど手になじんできます

なくさない限り、一生使い続けられますし

高価な針を買ったということでモチベーションがあがるということもありますし

長く続けていくための投資と思えば

それほど高い買い物ではないはずです

とりあえず、今後編み続けるかわからないという方は

まず100均の針から始められてもいいかもですが

2作品目をチャレンジしたいとなった暁には

編み比べをするという経験のためにも

メーカーの針をぜひ選んでみてくださいね


そして近くに手芸店もないという場合、

ネットで購入するというのも簡単で効率的ではありますが

写真で見たよりも風合い感がないとか

まとめて買わないと配送料が結構高い。。

とか問題点もありますので

まずは見本帳とかを取り寄せられてから

選択されたらよいのかとは思います

(見本帳も糸が少量しか添付してないのでわかりにくいかもしれませんが)

目を引くようなお洒落なキットもよくありますが

”初心者でも簡単に編める”と名を売っておきながら

実際届いて説明書を見ても難しくてよくわからない。。

となると、損をしてしまった気分になって

それこそ編み物が嫌になる。。という

ことにもなりかねません



”編み物って楽しい!!”となるための

アドバイスを少しずつブログでUPしていきたいと思います

ニットカフェ自体も、参加するとなると勇気もいると思いますが

まずは一歩のチャレンジから!!ぜひ始めて見てください





さて、パイナップル編みのストール

ようやく完成しました

アイスブルーの色、お気に入りです☆


パイナップル編みのストール



5月のニットカフェは”5月ニットカフェ予定”の

ブログ記事に載せております

ご予約の詳細もこちらからご覧ください

まだ全教室空席ございますので

ぜひご参加してくださいね


たくさんのご参加お待ちしておりますね(^^)/




にほんブログ村



にほんブログ村



スポンサーサイト



PageTop

まだまだ続く?ズパゲッテイ糸の人気

”ズパゲッテイ”

編み物好きではない人でも、一度は聞いたことが

あるくらい、今や世間に浸透してきた糸の名前ですよね

”スパゲッテイ料理”をもじってるわけで、

確かに太い麺のような感じですよね~


実は2012年にオランダから日本上陸したそうで

カラフルな色合いがインスタグラムの普及によって

若い女の子たちの目にとまり、

自分でもすぐに編めて、可愛いということから

大人気になったそうです

日本のズパゲッテイの編み方の本に

のっている作品は

マルシェバッグやクラッチバッグなど

割と無難なデザイン(というか、ほとんどこれ)

が、とても多いのですが

海外のインスタグラムを見ると

どちらかというと、クッションカバーであったり

大きなラグであったり

色合いもカラフルで

ワクワクするようなデザインがたくさんありますね

実はこのズパゲッテイという糸は

Tシャツヤーンとも言われてまして

シャツやカットソーなどや、裁断した時に出る余った布を

リサイクルして作られた糸なので

とてもエコなわけです

糸によっては自分だけのオリジナルな作品を

作れるということで

ますます人気になったのですが。。。

しかしながら、普通の糸と違って少し重いのが難点。。。

ということで、

敷物とか部屋に置く小物系にはぴったりなのですが

バッグとなると、大きいサイズのものを作ると

中身が入ってないのにかなり重い。。。ということで

作ったはいいけど使わない状態になってる方も

多いのでは?


すぐに編めるし、裏布をつけなくてもいいという利点は

かなり好感度高いので、

こんなに太くてザクザク編める軽い糸があればな~と

思っていたところ,

去年、神戸で開かれた素材博覧会で

”ニッテイングバード”さんの糸に出会ったのです!

糸玉を持ってみると軽い!そして色が日本人好み(笑)

もちろん派手な色もキュートなのですが

地味な色合いの服装が一般的な日本人には

ちょっとズパゲッテイの糸で作ったものは

普段使いのバッグとかにすると浮いて見える時があるんですよね~

(もちろん派手な色ばかりではないとも思うのですが)

そこで、さっそく糸を購入して

ミニバッグを作ってみたところ

すぐに編めて、弾力感もあって、しっかりしてて。。。

と、年中ちょっとした買い物に行くときは

手放せない状態になってしまいました

ニットカフェでも紹介させていただいたところ

ほとんどの生徒さんが

これ作りた~い!!と、なかなかの反響で

今年も春夏の時期となり

またまた人気復活の兆しとなっております

というわけで。。


今年は、ポーチとペンシルケースをオリジナルで作ってみました

ペンシルケースニッテイングバード ポーチ、


こちらは去年作ったバッグです

ニッテイングバード バッグ



そしてニッティングバードさんが糸を送ってくださるときに

一言添えて書いてくださる心温まるメッセージも

いつも嬉しくて。。

今年もこの糸で作ってくださる方々が増えればいいな~と

願っております


4/19(木) 大阪ガス トムコ(西鈴蘭台店)さんと

4/23(日) Tukuru(西元町)さんでのニットカフェは

まだ空席ございます

また5月ニットカフェの予定もでましたので

よろしくお願いいたします


ではたくさんの御参加お待ちしておりますね(^^)/



にほんブログ村



にほんブログ村


PageTop

5月 ニットカフェ予定


  5月のニットカフェの予定、一部出ましたので、お知らせします

 1.  7日(月)      日々カフェ(鈴蘭台)さんにて

                 13:30 ~ 2時間程度

 2.  12日(土)     Yukuru(Yukuru西元町)さんにて

                 14:00 ~ 16:00

 
 3.  17日(木)     大阪ガス トムコ(西鈴蘭台店)さんにて

                 10:00 ~ 12:00

              
 4.  21日(月)     Tukuru(西元町)さんにて

                 14:00 ~  16:00

   



  講習代

 1.    1000円 + 飲食代

 2.    1500円 + 500円(席代) + 飲食代(300円~)

 3.    1000円 (飲食持ち込み可)

 4.    1500円 + 500円(席代) + 飲食代(300円~)

   
 何か編んでみたい作品のイメージがあれば、

 編み図を紹介することもできますし、

 編み図や本をご持参くださってもOKです


 毛糸や針等は持ち込みOKですし、

 お持ちでない場合は、持っていくことも可能です


 まずはご相談からということで、

 このブログのコメント欄に記入していただくか、

 もしくは  メルアド  yuko-wada88@r8.dion.ne.jp

 電話    090-1963-7068

    に、ご連絡してくださってもかまいません



  初心者の方、大歓迎です

  ここだけ教えて欲しいとか、一回だけのご参加でもOKです

  遠慮なくご相談くださいね


ご連絡をいただいた順番にご予約ををお取りさせていただきますので
何卒宜しくお願い致します
(1場所の定員は数名が限度となりますので
お早目のご予約が良いかと思います)

多くの方々に遠方からとかも来ていただき
本当に心から感謝しております


* メールで返信させていただいたときに、エラーになる場合があります。
  もし、迷惑メール拒否等されてる場合は解除してもらうか、
  私からの返信が届かない場合は、このブログのコメント欄に記入して
  いただくと、返信させていただきますので、よろしくお願いいたします



                

  ” ゆうまりニットカフェ”でインスタグラムもやっております

  作品が一度に見れますので、ぜひのぞいてくださいね(^^)/



では、たくさんの御参加お待ちしております



にほんブログ村



にほんブログ村

PageTop

輪針のお話

私が編み物を始めたころは

帽子や靴下、手袋など小物を編むときは

4本針で編むというのが主流でした。。というか、

手芸店には輪針を売ってたかもしれないのですが

それは知らずに母からの見様見真似で作ってたので

その便利な存在を知らなかったのかもしれません


4本針で編むと

針と針の継ぎ目の編地部分のの目が緩んでしまって

メリヤス編みだと穴が開いてしまうように見えたり

2本針と違ってするっと目が抜けてしまうので

しまうのでキャップをするけど、いちいち

つけるのが面倒だったりと、

あんまりいい思いをした覚えがない。。。と

ちょっと嫌われもんのイメージが強いのを

払拭するかのように登場したのが

”輪針”。。といった感じじゃないでしょうか?

でも、この輪針、ややこしさはなくなったものの

40センチ、60センチ、80センチ。。いまや120センチとかも

結構出回っていて、

初心者の人が編むときに

まず何センチを選んだらよいのか。。。よくわからん?って

ことになりますよね

大は小を兼ねる。。というイメージから

真ん中の60センチを買えばなんとかなるでしょ

とかってはみたものの、すごく編みにくい。。

または編めないという状況に陥った方もいらっしゃるのでは?

メーカーものになると一個1000円くらいしますし、

失敗は避けたいですよね

実際私が店でお売りするときも

作品によっては40センチのほうが60センチよりもいいかと

迷うこともありますから、選択が難しいんですよね~

帽子や手袋やら小物を編むときは40センチ、

スヌードや腹巻とかを編むときは60センチ、

セーターを前後見頃を輪っかにして編むときは80センチ、

イメージは大体こういう感じですが、

その作品のデザインとかによって微妙にかわってきます

そして今はやりのソックニッテイングなのですが

これこそ輪針で編みたいと皆さん思われるのですが

履き口が小さいために

40センチでも長くて無理なんですよね~

なので4本針を使ってもらうか

またはミニ輪針というのもあるのですが

靴下以外にほぼ利用できないので

ちょっともったいないかなという気もします

マジックループという

同じ号数の輪針を2本使って

小さい輪っかを編んでいくというやり方も

便利なのですが。。。

ちょっと編みこなされてる方にはとても良い方法ですが

初心者にはちょっと難しいかなという気もします



一つの作品に合わせて輪針を買うということを繰り返すと

輪針のストックだらけ。。収納も大変だし

ということになりかねません


という意味では、ある程度編み物を

継続的にずっとやっていきたいという方には

付け替え式の輪針セットを思い切って買われるというのが

いいのかもしれません

今までに買いだめてきた針がいろいろたくさんある。。という方には

ちょっともったいないかなという思いもあるでしょうが

(私がまさにそれでありますが。。笑)

輪針セットであれば、輪針を2本針の要領で編むことが

できるので、どの編み方にも対応できて

案外2本針で編むよりも

かさにならず、電車とかでも針が隣の人にあたる

とかいう危険性もないですし

コンパクトに持ち運びができるという点で最適ですね

私も編み比べたことはないので、よくわかりませんが

金属製と竹製とどちらが良いですかと

聞かれることがありますが

金属製のものはすべりやすくて、

海外の作品のように透かし編みとかを

棒針で編むという形が多いと細かい模様を早く編むためにも

金属製が合うのかもしれませんが

透かし編み的な編地はかぎ針であむという日本の文化では

竹製のほうが、一目一目編んでるという満足感を

得るためにも、いいのでは?とも思います

でもこれは個人の感覚の差もありますので

まずはセットを買う前に

そこはしっかり見極めて買われた方がいいですね

安い買い物ではないので、じっくり検討されたほうが良いと思います




さて、スタークロッシェ編みでベレー帽を

編まれたSさん、

昨日もニットカフェにかぶってこられて

とてもお似合いで素敵だったのですが

そのスタークロッシェ編みで

ミトンも完成されました☆

糸の種類は違いますが

一緒の編み方のお揃いということで

身に着けるのが楽しみですね!

DSC_1979[1]



そして、春になるとかぎ針が編みたくなる!

というわけで、

ブラウスの上にでもちょっとおしゃれにはおれる

かぎ針のベストを作成中です

オリンパス”オネット”という新製品のサマーヤーンで編んでいますが

この種類は色がとても気に入ってます

DSC_1982[1]



19日(木)トムコさんでの編み物教室、

23日(月)Tukuru(西元町)さんでのニットカフェ


どちらもまだ空席ございますので、

ぜひご参加くださいね


4月ニットカフェ予定のブログ記事に

予約の詳細を載せておりますので

よろしくお願いいたします


ではたくさんの御参加お待ちしておりますね(^^)/




にほんブログ村



にほんブログ村



PageTop