FC2ブログ
 

ゆうまりニットカフェ神戸     ~ 編み物教室~

キュッと心をつかまれる”三國万里子さん”の小物ワードローブ

大好きな日本の編み物作家さんで

三國万里子さんという方がいらっしゃいます

本屋さんではたくさんの作家さんの編み物本が

並んでるわけですが

まずは表紙を見た時のワクワク感が

手に取って1ページ目を開かせるわけですが

モデルさんが一つのデザインのウエアを着ている写真が多い中

三國さんの本は(全部ではありませんが)

もう、編んでみたい!って思う小物や服を

表紙一杯に敷き詰められてる。。

これはもう買わないわけにはいかなり(笑)って

気になってしまうんですよね~


ザクザク編んでいくような模様というよりは

細い号数の糸で丁寧に模様を編み上げてる感があって

少し時間はかかるかもだけれど

1作品編んだ時の達成感と喜びは

ひとしおなのかもしれません

ケストラーさんやマルテイナさんのように

簡単な編み方で、出来上がりも複雑に見えて。。

これも画期的だなと感心する反面、

少し編み物をこなされた方には

時間がかかっても編み込み模様にチャレンジしたい!って

思う気持ちはとてもわかります☆



そして、三國さんは

ネットで初心者さん向けに

””目薬ポーチ”を編むことによって

目の作り方から、編み方、目の減らし方、とじ方

などを丁寧にわかりやすく動画で説明されてます

これを見れば、編み物のポイントがぎゅっと凝縮されてて

編み物を始めたいと思ってるかたには

とても参考になるかと思います

私のニットカフェでも

生徒さんが、これを編んでみたい!ということで。。

それでこの動画のことを知ったわけですが

SNSの時代、編み物本を読んでもわからなかったことが

動画を見たら編んでいける。。というのは

すごいことだって改めて思いますね

といいつつも、やっぱり何から始めて良いかわからない。。

そんな方はぜひニットカフェを利用くださいね

初めの一歩が踏み出せたら

あとは動画を参考に編み広げていくことも可能です

一回だけ参加でもOKですので。。

どうぞ遠慮なくご参加ください

と。。。途中からPRになってしまいましたが(笑)


とにかく素敵な作家さんが

こうして初心者さんの立場になって

動画をUPされてるのは嬉しい限りですね

私と一緒でアメリカ式の編み方なのも。。

フランス式の編み方の動画が多い中、親近感感じますね(^^♪


その三國さんのワードローブの一つである

花のミトンを編んでる途中だったのですが

編み始めてから、ほかの作品に目移りしまくってて

ようやくこのミトン作成に今戻ってきた次第です

また気が移る前に完成させないと~笑


DSC_1863[1]


”2月のニットカフェの予定””というブログ記事で

ニットカフェの場所や時間や講習代等

載せておりますので

よろしくお願いいたします


また、1/31(水)あげはさんでのニットカフェは満席となりました

ありがとうございました
 



では、たくさんの御参加お待ちしております(^^)/



にほんブログ村



にほんブログ村


スポンサーサイト



PageTop

2月ニットカフェ予定


  2月のニットカフェの予定出ましたので、お知らせします

 1.  12日(祝・月)    Tukuru(西元町)さんにて

                 14:00~2時間程度 (満席となりました)


 2.  16日(金)       日々カフェ(鈴蘭台)さんにて

                 13:30~   ”


 3.  22日(木)     大阪ガス トムコ(西鈴蘭台店)さんにて   

                 朝の部    10:00~ 2時間程度

                 昼の部    13:00~   ”

                (どちらも満席となりました)

 

  講習代

 1.    1500円 + 500円(席代) + 飲食代(300円~)

 2.    1000円 + 飲食代

 3.    1000円 (飲食持ち込OK)


 

 何か編んでみたい作品のイメージがあれば、

 編み図を紹介することもできますし、

 編み図や本をご持参くださってもOKです


 毛糸や針等は持ち込みOKですし、

 お持ちでない場合は、持っていくことも可能です


 まずはご相談からということで、

 このブログのコメント欄に記入していただくか、

 もしくは  メルアド  yuko-wada88@r8.dion.ne.jp

電話    090-1963-7068

    に、ご連絡してくださってもかまいません



  初心者の方、大歓迎です

  ここだけ教えて欲しいとか、一回だけのご参加でもOKです

  遠慮なくご相談くださいね


* メールで返信させていただいたときに、エラーになる場合があります。
  もし、迷惑メール拒否等されてる場合は解除してもらうか、
  私からの返信が届かない場合は、このブログのコメント欄に記入して
  いただくと、返信させていただきますので、よろしくお願いいたします


ゆうまりニットカフェ”でインスタグラムもやっております

  作品が一度に見れますので、ぜひのぞいてくださいね(^^)/



そして、このたび始めて西元町駅から徒歩1分の場所にある

レンタルスペース”Tukuru"さんという場所で

12日(祝)に、ニットカフェを開催することになりました

モノづくりクリエイターのための展示販売スペースがあったり

2階には落ち着いてニットカフェを楽しめる

ワーキングスペースがあり、

他の教室もいろいろ開かれてるということで

とても居心地の良い場所になると思います

JR神戸駅からも徒歩10分弱、

車で来られるかたも徒歩10分圏内に

ハーバーランド”umie"の駐車場(土日祝2時間無料)が

ありますので

ぜひ参加してくださいね。お待ちしております

ぜひ”Tukuru"さんで検索してみてください

新しい発見もあるかもしれません



(平日の元町でのニットカフェは私の都合により

お休みさせていただきます。申し訳ございません)


ではたくさんの御参加お待ちしております



にほんブログ村



にほんブログ村




PageTop

”michiyo”さんという日本のニットデザイナー

前のブログでは

海外の人気編み物デザイナー、マルティナさんとケストラーさんに

ついて書かせていただきましたが

日本にも優れたニットデザイナーが

もちろんたくさんいらっしゃるわけで。。



ニットカフェでこの作品を編みたい!と

本を持ってこられる中で結構多いのが

”michiyo"さんというデザイナーさんの作品☆

私も大好きな作家さんの一人であります

本屋さんでいろんな編み物本を

立ち読みしたりすることもよくあるのですが

パラパラっとめくってみて

編みたい!って思う作品が3個以上あるって

以外と少ないんですよ。。。

その点、michiyoさんの本は

これも編みたい、、あれも!ってなるんですね

そして編み図を見てみると

ちょっと一筋縄ではいかない。。

けど、よく見るとそんなに難しいわけでもない

そこがみそなんですよね(笑)

すぐに編めそう~~ってなると

あんまりオリジナリティないかな?ってなっちゃいますし

簡単な小物やウエアに編み慣れたあと

ちょっと冒険してみたいな。。という気持ちを

くすぐるような作品がとても多いのです

(というわけで、本を即座に購入ってなるわけですよ~)

もちろんデザインもおしゃれで

それも幅広い年齢層に喜ばれるような、

身に着けたいって思う作品が多くて。。

とても素敵な作家さんだと思います☆



なので、私も以前、アームウオーマーとルームシューズを

編ませていただきました

インスタグラム(ゆうまりニットカフェで検索してくださいね)では

とても好評ですね


DSC_0231.jpg


DSC_0794[1]

アームウオーマーのほうは片方なくしてしまい。。

とても残念なのですが

また暇があれば再チャレンジして編んでみたいですね~



19日の日々カフェ(鈴蘭台)さんでは

カーデイガンや帽子を編み始められたり、

キットを買ったけどちょっと編み方に自信ない。。

ということでお教えさせていただきました

完成にむけてお手伝いしていきます!

皆さん頑張ってくださいね




31日あげはさん(三宮)でのニットカフェ

満席間近ですので、気になっておられる方

お急ぎくださいね。お待ちしております。




そして2月のニットカフェは

まだ元町の方の場所は確定しておりませんが

2/11(日)か12(祝/月)、平日は26日(月)を予定しております

トムコさん(西鈴蘭台店)は22日(木)

予定しておりますが、満席となります

申し訳ありませんがよろしくお願いします。

日々カフェさんの予定はまだ出ておりません

近々、予定お知らせしますのでしばらくお待ちくださいね



そして恥ずかしながら

大阪ガストムコさんが出されている

“ラデイッシュ”という地域新聞にこのたび

紹介記事を載せていただきました。

反響の多さに、若干責任の重さも感じますが

一人でも多くの人に編み物の楽しさを伝えていくため

頑張りたいと思います!


トムコさんのブログ“ラデイッシュスタイル”にも

載せていただいたので

また覗いてみてくださいね~


どうぞよろしくお願いします



にほんブログ村


にほんブログ村


PageTop

初めて聞いたよ!アイスランディック止め、これいいね~

聞きなれない用語。。

”アイスランディッグ止め”

またまたケストラーさんのミトンの続きなのですが

親指から編み始めて、どんどん4隅の目数をふやしていき、

風車のような形になっていく、、というところまで

前回のブログでお話しましたが

そこから手の平の幅を編み終わったら

手のひらと甲の部分をはぎあわせるところで

”アイスランデイック止め”をするという解説なのですが。。

むむ。。またまた新しい用語!!

何故普通の伏せ止めじゃあかんの?と

いつもの私なら、まあ普通に伏せ止めでいっか。。と

なるところなのですが

解説を見ると、何だか柔軟性にすぐれてるらしい

これはなんと素晴らしいではないか!

と、またまた簡単、オリジナリティ大好きの私にとって

深く感心してしまったのであります(笑)


というのも、セーターでも小物でも

作り目からゴム編みを編むと

やっぱり出来上がると伸縮性ががないので、身に着けるときに

ちょっと頭入れる時痛いな~と感じたりして

そのうち、やっぱ手編みってなんだか着心地悪いな。。となって

着なくなってしまう。。こんな状態になりかねません



となると、くさり目の作り目を作ってまず見頃を編んだら

今度はくさり目をピロピロをほどいていって

そこから目をとって今度は反対方向にゴム編みを編む。。

こういう編み図も多々ありますが

そこまではよいのです。。しかし

最後の一目ゴム編み止め。。。これが若干難関(-.-)

ましてや二目ゴム編み止めとなると

これをすんなりできる人って数少ないんですよ実は

(私も、はっきり言って好きじゃないです)

お教えさせてもらってるときは、生徒さんと一緒に

”はい、後ろから針を入れて前に出す。。と唱えながら

するわけですが、

じゃ家に帰って一人でやるとなると。。。うまくいかない

ましてや、途中でおかしくなると

編地が間違って編み直すときのように

ピロピロと目をはずしていくというわけにもいかない

というわけで、

まさかの完成間近の断念。。。となってお蔵入りとなってしまったり

またもや伏せ止めにして、きつくて頭入らん状態になってしまったり

というところに突如としてお助けマンのように現れた技法ですね

(というか、海外では昔からの技法かもしれません。。あしからず)

やっぱりゴム編み止めに比べると若干柔軟性は劣りますが

それでも、ふうふうしながら二目ゴム編み止めするよりは

楽しく、時短、出来上がりも満足。。これでいいんじゃないかしらん☆

と、私は思うのであります




ケストラーさんにはもちろんお会いしたことはないですが

ネットとかで紹介記事を読ませてもらうと

”ルールはまもらなくていいんです。自分で作りたいように作りましょう”

という趣旨のもと

伝統的技法をいろいろ現代風にアレンジされたりしてるんですよね

これこそいろいろまさにアイデアであり、

古くからのやり方、技法にしばられず

編み物を楽しむためのやり方を模索していくことが

これからの編み物人口を増やしていく糸口になっていくのかもしれません



今から風車の2側面をあわせて

アイスランディック止めをしていく直前のところです

DSC_1853[1]





昨日のマムーニア(元町トアウエスト)さんでのニットカフェでは

Yさんが、初めと終わりをメリヤスはぎにして

めでたく二目ゴム編みの段染めカウルを完成されました~(皆で拍手♪)

DSC_1848[1]



そしてほぼ棒針編み始めてのMさんが

アームウオーマーを綺麗に編まれて、最後の仕上げとなりました

DSC_1846[1]



ニットカフェに参加した皆さんで

完成の喜びをわかちあう!楽しいですよ~♪

ぜひ参加してください



19日(金)日々カフェさんでのニットカフェはキャンセルが

出ましたので、空席ございます

31日(水)あげはさん(三宮)の方はまだ空席

ございますので、よろしくお願いいたします。


ではたくさんの御参加おまちしておりますね~(^^)/





いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

気に入っていただけたら、クリックよろしくお願いいたします 

 ↓ 

にほんブログ村



にほんブログ村




PageTop

ケストラーさんのミトンがすごい!

ケストラーさんのミトンがすごい!ということを

まず書こうと思い立ったのに、

2回脱線して、ようやくここにたどり着きました


前にも書きましたが

ニットカフェの生徒さんが、この編み方を教えて欲しいというのが

始まりで。。。

”今まで見たこともない編み方だぞ。。”と思いつつ

まずは自分でも編んでみようと!


親指から編むという画期的な編み方で

親指を編んでしまうと、そこから4本針にかけてある

最初の目を1目ずつ増やしていくと、

4方向から広がって風車のような形に。。

DSC_1844[1]


この増やし目も従来私が編んできたものと違い

ひと手間省いてお手軽な感じ?

そして、このままクルクルとと4隅を増やしていって

手のひらサイズに編めたら

今度は二つに折ってはぎあわせ、

そのあと、指側と手首側をそれぞれゴム編みを編むという

もう、まさにアイデアの賜物!!と

深く感心してしまった編み方なのです

集中すれば早い人なら1~2日で編めてしまうと思うので

まさにお手軽で簡単、それなのにオリジナリティあふれる

という、マルテイナさんの靴下同様、

今まで編み物に興味なかった人まで

惹きつける。。。これぞ編み物革命(言い過ぎかな?笑)

と、言っても過言ではないと

思うぐらいで。。

実際、ケストラーさんはこの編み方を

飛行機の中で思いついたということで、

フライト中に作品が一つ編めてしまう!と

いうのを実際うたい文句にされてるようですね



マルテイナさん同様、私はケストラーさんの回し者ではありませんが(笑)

すぐに達成感を味わえて、編み方は簡単

そしてオリジナリティでおしゃれなものを!

という私の編み物感にはうってつけの作品ですね




ニット業界がなかなか新しい編み物をする人の

参入が得られなくて、横ばい状態なのは

(実際手芸店で毛糸を購入される方はめっきり減りました)

ちょっと編み方やデザインをかえただけで

10年前の編み図をほぼ変わらないのを載せた本が出回っているという

現状にもあると思います

でもですね。。。SNS等で海外の作品やらが

簡単に見れるようになった昨今、

編み図革命というか。。

こういったケストラーさんや、又それに触発された

日本の作家さんたちが新しい作品や編み方を考えられて

そういうニット本が急激に増えている!と感じるわけです





なので、私が昔教室に通ったときには

見たこともなかったという編み方や編み図を

教えて欲しいというリクエストも多く

生徒さんから新しいことを教えていただくということもたくさんあって

なので、こうしなさい、こう編みなさい的な

お教えではなく

一緒に楽しみながら、生徒さんがやりたいものに

寄り添いながら応援していくという

そんなニットカフェでありたいなと私は思っております

なので。。。

きちんと技術やノウハウを教えてやほしいという方には

向かないかもしれません(笑)

編み物をを楽しむにはある程度大雑把なに性格がいい。。(笑)

これはただの自論ですが、

細かいことに注意を向けすぎると

しんどくなって、や~めた!ということにもなりかねませんので。



とにかく、編み物は楽しいことが大事で

編み方のプロセスも楽しみながら

簡単ですぐに達成感を味わって

編み上がったら絶対に身に着けて欲しい

そして長く身に着けるためにも

なるべく良質の毛糸を選んでほしい!ということですね




私はオリムパスのメイクメイクトマトという毛糸で

あみましたが

こういう模様の段染め糸だと

左右作る場合、模様の合わせ方が若干難しいですが。。

それも又楽しいということで。。。

ぜひチャレンジしてみてください

DSC_1837[1]


19日(金)日々カフェ(鈴蘭台)さんと

31日(水)あげは(三宮トアロード)さんでのニットカフェは

まだ残席ございますので、ぜひ参加してくださいね

お待ちしております(^^)/



にほんブログ村



にほんブログ村






PageTop

マルティナさんのさんの靴下とケストラーさんのミトン

最近、店の方でもニットカフェでも

講習してほしいと言って持ち込んでこられる編み図で

ダントツ多いのが

マルテイナさんとケストラーさんの編み図なのです

日本人としては少し寂しい限りですが

毛糸の本場の北欧やヨーロッパのデザイン、技法などには

日本の編み物の歴史に比べて

断然長いはずですから

仕方ないのかもしれませんが。。。

と、言うよりは

いかに素敵なデザインの編み込み模様を簡単に早く編めるか。。

という思いが糸を作る技術の進歩と相まって

今、流行りに結びついた!

がと言っても過言ではないと思います

まさに”アイデア”が生み出した技なのですね



Opal(マルテイナさんの毛糸)は

前にブログでも書きましたが

とにかくメリヤス編みを編むだけで編み込み模様の編地が出るという

今まで誰も思いついたことのない

(もちろん、そういうプリント技術が難しかったと

いうこともあるとは思いますが)

まさに画期的な毛糸なのです

でも私はOpalさんの回し者でもなく(笑)

うちの手芸店にもおいてないのは残念なのですが。。



なので、編み込み模様をやりたいという人は

大変で時間もかかるのでまず無理。。と諦めてたけど

これなら簡単にしかも早く、そして

編み上げたという達成感と自分だけのオリジナル感を

すべて手に入れられるというわけです


日本のメーカーもこれにならえ。。というわけで

たとえばオリムパスのメイクメイクトマトとかは

今年の新作として発売されました

(こちらはうちの手芸店にも入荷しました)



NHKの”素敵にハンドメイド””という番組でも

Opalの毛糸は帽子にもカウルにもなるということで

やはりTVの影響力ってすごいですね。。。




というわけで

なにを言いたいかと申しますと

今の忙しいご時世にゆっくり編み物を楽しむ

という余裕と時間はないけれど

このささやかな手芸ブームの昨今

自分でも簡単に編めて

またはちょっとしたプレゼントのために

手作りをしてみたい。。と思う人の心をくすぐる

毛糸というのは、有難いし

このアイデアが編み物文化を衰退させていかない

希望的要因だということですね

少しでも編み物をする人が増えていくことを切に願ってる

私としては、嬉しい限りの毛糸なのです



もっともっと日本の毛糸メーカーさん

海外のまねではなく

あっと驚くオリジナルの毛糸を作ってくださいと願いますね

広めていくのには尽力をつくしたいと思いますので。。




えっと、今日はケストラーさんの

編み図がすごい!というお話をしようと思ってたのに

また脱線してしまいました(笑)

ではこの続きは次回のブログで


以前、ニットカフェで生徒さんが作られた

マルテイナさんの靴下をupしますね

赤松さん靴下


ニットカフェの予定は”一月ニットカフェ予定”のブログ記事を

ご覧くださいね

またインスタグラム”ゆうまりニットカフェ”で

作品を一度に見れますので、ご参考にしてください

(こちらの作品の編み図は全部ございます)



にほんブログ村



にほんブログ村




PageTop

あけましておめでとうございます / 賢い毛糸の選び方

明けましておめでとうございます

年始の御挨拶がだいぶ遅れてしまいました

今年もどうぞよろしくお願いいたします




昨年は”健康が一番”ということを

改めて、思い知らされた。。。一年だったので

”健康であればとにかく何とかなる!””というのをモットーに

無理せず、頑張っていこうと思ってます




さて、最近は手芸店も少なくなってきたりして

どんな毛糸を選んでよいかわからない。。

ネットで毛糸を購入してみたものの

どんなものを編もうかを相談できる人やら店が近所にない。。

編み物の基礎本を買って、やってみるけど

なんかうまく編めない、、あってるかどうか心配。。

そういう声をよく聞きます

手芸大型店でも、ちょっとだけ聞きたくても

店員さんがいなくて不便。。。であるとか

大型スーパーなんかだと

毛糸に詳しい店員さんがいてるわけでもなく

誰に聞いていいかわからない状態になりますよね



もちろんネットで購入したりすると

わからなくても聞く人もいないから、

結局完成できないまま、押し入れに押し込んで

何年後かに針をつきさしたままの、中途半端な姿のまま(笑)

”一体何を編もうとしてたの?”状態で発見。。

そういうことにもなりかねません


そして毛糸は安い時についつい買いだめしたくなるけれど

いつか編もうと思ってるうちに

自分が編みたいもののイメージとは違う毛糸だったり

古臭いイメージ(やっぱり毛糸もその時代の流行りがあります)

の毛糸がセーター一着分ぐらいの量が出てきたり

かさばるんですよね~




編みたい時に、上質の毛糸で、作品分の毛糸玉数だけ

買うのが一番賢い買い方なのだと思います

でも、編み図と同じ毛糸を購入するとなると

”さてどこで?”という話にもなりますし

たとえば3玉だけ、ネットで買うとなると

たとえば袋単位でしか買えないとか、送料とか考えると

”あと1玉足りないとかなったらどうしよう~”とか、で

なかなか買うのも踏み切れないということにもなりかねません



ということの不便さを

手芸店で働いている私は身に染みてわかっております

なので、ニットカフェを開くということで

そういう方達の少しでも助けになれば。。ということが

こういうことを始めたきっかけでもあります




まずは、このニットカフェに参加してみてください

こちらから、提案もできますし

メールでご相談させていただき

玉数分の毛糸を持っていくこともできます

もちろん、今手元にある毛糸を利用できるかという相談にものりますし

毛糸や材料の押し売りもありません(笑)

遠方の方でしたら(一度ニットカフェに参加後)

後々、わからないところのケアをメールでさせてもらったり

相談後、毛糸をお送りすることも可能です

(送料は自己負担ということになりますが)




既存の編み物教室では

月謝制であったりして、一回行くと当分やめれないということもありがちですが

もっと自由に参加できるというのは、気持ちも楽ですよね



ですが。。。例えば自分の寸法サイズのをオリジナル作品を

編みたいとか、製図の書き方を勉強したいとか

高度なスキルを目指したいという方は

このニットカフェでは物足りないかもしれません

正直、ヴォーグ学園とかの編み物教室とかに行って

学ばれた方がいいかな。。。とも思います


やはりそれぞれの段階に見合った教室選びというのも

大事かもしれませんね




さて、ニットカフェの生徒さんが

こんなミトンを編みたいから教えて欲しいというご要望があったので

実際、私も編んでみました

始めこの編み図を見た時は

”こんな編み方あるの?”とびっくりしましたが

簡単で、とてもオリジナリティ☆

さすがケストラーさんのミトンです

次回はこのミトンのお話しの続きをしたいと思います


DSC_1836[1]



14日のマムーニア(元町トアウエスト)さんの

ニットカフェは満席となりました。

19日(金)日々カフェさん(鈴蘭台)、31日(水)あげはさん(三宮)は、

空席ございますので、遠慮なくご連絡ください


では今年もたくさんのご参加おまちしておりますね(^^)/




にほんブログ村



にほんブログ村


PageTop